ロゴ 日鉄工営株式会社


〒246-0026 横浜市瀬谷区阿久和南二丁目13-6
TEL/FAX:045-364-8030/045-363-9808

充電インフラ事業

EV・PHV充電器の設置工事なら日鉄工営へお任せください!


国へ申請し条件を満たすと補助金が出ます!

◎主なEV・PHV車の特徴


主なEV車・PHV車

◎同業他社との差をつけるには早めの設置が差をつけるポイント!

・ガソリンではなく電力でモーターを動かすので排出ガスがゼロ
・電気代はガソリン代(燃料費)の1/3~1/9でとても経済的
・ガソリン自動車と異なり、燃料を燃焼・爆発させないので、走行音が静か

つまり、環境にもお財布にも優しいecoな車



しかし…
EV車/PHV車はecoな車ではありますが『航続距離が短い』という欠点があります。ガソリン車の平均航続距離が400~500kmなのに対し、電気自動車は平均210kmとやや短めです。
*最近では、一度の充電で300kmの走行可能実現を目指し、各自動車メーカーが開発を進めております*

◎充電器の種類

充電器にはコンセントタイプ・普通充電タイプ・急速充電タイプの3つがあります。

充電器の種類

◎取扱充電器一覧

取扱充電器一覧

◎設置のメリット

集客/PR
電気自動車の普及が進むと、ユーザーは充電器設置場所へ出かけるようになります。つまり、『ユーザーの獲得』ができます。

地域貢献
電気自動車は排気ガスを出さないecoカーです。つまり、クリーンな環境づくりに貢献できます。また、機器整備により安全面に関しても地域に貢献できると言えます。

経済効果
課金式充電器を一般開放することでコスト回収も可能です。

◎スキーム



販売・設置のスキーム

◎政府の普及目標

H24度補正予算 → 1005億円の補助金
その補助金により、充電器設置の初期負担コストが約1/3になります。

例、充電器本体(1台あたり)の負担額
   ・普通充電器:60万円 → 20万円
   ・急速充電器:500万円 → 166万円

  1台あたりの設置工事補助金額(定額補助、上限有)
   ・普通充電器:150~190万円
   ・急速充電器:315万円
*充電器メーカーや設置場所、設置条件により価格変動がございます*

※補助金に関する情報はこちらをご覧ください。

◎Smart oasis

一般的には充電スタンドを運営するためには管理・認証・課金といったサービスが必要です。そのサービスをクラウドシステムを使って実現したのが『Smart oasis』(スマートオアシス)です。

Smart oasis(運営:日本ユニシス株式会社)は、充電スタンドと外部とを無線LANで接続し、スタンド管理などのサービスを提供しているクラウドサービスです。
詳しくは『こちら』をご覧ください。